事前調査

ヒゲ脱毛に関する事前調査、ヒゲには休止期、成長期、退化期と周期があり、成長した毛は徐々に細胞から離れ、抜ける準備をします。
その周期にあわせて脱毛を行うことが大切であり、その人のヒゲの濃さによって変動するがツルツルにしたい方は最初は1.5~3ヶ月に1回施術を受け、伸びる速度が遅くなったら3~6ヶ月に1回とペースを落とすと効果的で、薄くしたい方の場合は最初の頃から3~6ヶ月に1回と施術すると効果的です。
レーザー脱毛の場合、最初は弱い力で脱毛を行い、徐々に強くしていく方法が一般的です。それは、レーザーが黒いものに反応し毛根を焼くことで薄くしていくというものなので、最初から強いレーザーを当ててしまうと多くのヒゲに反応し、尋常ではない痛みが走るためにそのような施術方法が行われています。
 家族01                                                                               

また、レーザー脱毛は永久脱毛とは呼ばず、それは開発されてから年数が少なくいために数十年後の効果を確認できていないのが原因となっています。
レーザー脱毛の他にはニードルと呼ばれる脱毛があり、毛穴に針を差し込んで電気を流し、毛根細胞を腐食させる方法があります。ニードル脱毛はレーザー脱毛に比べると、痛みが強い、1回の施術に時間がかかる、費用がかかるなどが挙げられます。
しかし、ニードル脱毛のメリットは部分的にレーザーを当てられないという場合に使用される方法でもあるので現在でも施術は行われています。
昔は二ードル脱毛が主流でしたが、レーザー脱毛が開発された現在ではレーザー脱毛が主流となっているのも挙げられている事実ではあります。

コメントは受け付けていません。